日商簿記2級(工業簿記)6-6(労務費2)

工業簿記6-6(労務費2)

おはようございます、(^^♪

 

今日も、帰りが遅くなるので、朝のうちに書いておきます。

今朝は、予定どおり、6-6を解いてみました。

問題そのものは、なぜ★が3つ?と感じるほど簡単ですね。

 

ここでは、次の電卓の使い方のご紹介をしておきます。

(1)の場合

1.2×330=396→(借方)仕掛品396と仕訳する

 

1.2×20=24→(借方)製造間接費24と仕訳する

396+24=420→(貸方)賃金給料420と仕訳する。

と、される方が多いかと思います。

 

「いや、これくらい暗算でするよ!」という突っ込みはなしで、上の数字がもっと複雑だった場合のことをイメージしてお読みください。(;^_^A

 

ここでは掛けられる数字を記憶させる方法をマスターしてください。

 

最後に「GT」を使いたいので、最初に「AC」は押しておきます。

毎回、「AC」を押してから計算を始める方が多いですが、「GT」を使う予定がないときに、イチイチ「AC」を押すのは無駄な作業です。

 

掛けられる数を記憶させる方法は、××と、×を2回押します。

これで、掛けられる数が記憶され、掛ける数がいくつあっても、連続で使用できます。

 

今回の計算の場合は、

1.2××330396→(借方)仕掛品396と仕訳する

2024→(借方)製造間接費24と仕訳する

GT 420→(貸方)賃金給料420と仕訳する。

 

この先に学習する部門費配賦表など5つくらい掛ける数がある場合に、威力を発揮しますので、今から慣れておいてください。

 

 

 

もう1点は、賃金給料のT勘定の中身です。

T勘定(総勘定元帳)の摘要部分は、必ずしも相手科目ではありません。

今回のように、「原価差異」と書かれていると、仕訳で「原価差異」を使うのかと勘違いされる方がありますが、科目指定に「賃率差異」しかありませんので、科目ミスをしないように気を付けましょう。

 

その上を見れば、「諸口」ではなく「当月支払」となっていることからも、判断ができそうですが、簡単!と思って、科目指定を無視しないようにしましょう。

 

ではでは、本日はここまで。

連休中、予定のない方は、是非、時間を有効活用して残りの問題にもチャレンジしてみてくださいね。

私は、今から残ったみんチャレのチャレンジやら、業務用ブログやらをこなして行きます。

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(工業簿記)5-2(労務費1)

今週の予定

連休中のため、週が変わったという意識が低いですが、ご参考までに、今週の予定を掲載しておきます。

ご覧のように、工業簿記は労務費に入りますね。

テキストのほうは、固定資産と個別原価計算ですね。

何れも、1問ずつなので早くできると思うので、頑張ってください。

 

みんチャレの方が投稿されるので、慌てて、やりました。

今まで、Quizletに(8)を追加していました。

内容は、税効果会計、株式の発行、剰余金です。

よろしかったら、ご利用ください。

 

工業簿記5-2(労務費1)

直接工の行う直接作業時間の賃金

のみが、直接労務費になりますね。

 

労務費の直間区別は簡単だと思うので、是非、押さえておいてください。

ちなみに、以前、ネットで「福利厚生費」と「法定福利費」を混乱されているご質問をお見受けしたことがありますが、

「福利厚生費」は、従業員のために支出した慶弔金や寮や社宅の補助金、福利施設の負担金などで、工場従業員のためなら、「間接経費」に該当します。

 

「法定福利費」は、社会保険料の会社負担分で、工場従業員のための法定福利費は「間接労務費」に該当します。

 

勘定科目名が似ているので、混乱されるかも知れませんが、頭を整理しておいてくださいね。

 

1~2分でできたかと思うので、余裕があれば、他の問題にもチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(クイズレットに追加しました)


 

こんばんは。(^^♪

今夜は、Quizletの日商簿記2級(単元別)に(7)を追加しました。

 

「外貨換算」と「税金」の単元です。

よかったら、隙間時間を利用して、チャレンジしてみられてください。

 

昼休みや、通勤・通学途中の電車内などでどうぞ!

仕訳の解説が必要な場合は、遠慮なくご質問ください。

 

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(商業簿記)有価証券 問題5-12

 

こんばんは。(^^♪

上は、私が勝手に立てた予定表ですが、一応、これによれば、9/1から学習を始めたとしても、何とか受験レベルには持っていける予定にしてあります。

 

で、ご覧のように、工業簿記の問題は9/19~9/20は、万一学習が遅れていたら、それを取り戻す期間にしておきました。

と同時に、9/1からのテキストの例題学習の予定表によれば、先週の土日で「有価証券」までは終了しているはずです。

 

ということで、追いつき期間に設定した今日は、商業簿記から第2問に出題されそうな問題を1問解いてみました。

 

解いてみたのは、問題5-12です。

この問題は、P/L・B/Sの部分作成や、有価証券全般を理解するのに、良い問題ではないかと思います。

ということで、解説が丁寧に書かれていますので、別の視点から書いておきます。

 

商業簿記問題集(問題5-12)

この問題も、本試験だとすると、第2問に20点問題として出題される内容です。

 

この問題では、親切に、「売買目的有価証券は、貸借対照表に表示する場合は有価証券を用いること。」などの指示がありますが、この指示が無くても、自分で判断できないといけないですよね?

 

ということで、その部分をまとめてみました。

これは、以前作ったQuizlet(日商簿記2級-要点整理)にもありますので、良かったら、利用してみてください。

 

それ以外としては、

  • その他有価証券評価差額金
     B/S純資産の部→評価・換算差額等に記載
  • 有価証券評価損益
     相殺して、P/Lの営業外収益(または営業外費用)に記載
  • 有価証券利息
     営業外収益

ですね。

日付が変わった(というか3:00過ぎちゃった)ので、投稿しておきます。

寝なくっちゃ…。(;^_^A

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(工業簿記)4-12(材料費2)

工業簿記4-12(材料費2)

おはようございます。(*^^*)

今日は、材料費の部分の応用問題的な感じですね。

 

昨日と同じようにT勘定を書いて、メモしていきましょう。

こんな感じになりましたか?

 

4/3や4/8の単価が少し面倒だったかも知れませんが、これが本試験問題だとすると、これで第4問目の20点分になると思うので、いきなり、解き始めずに、ざっと問題を読んで、今回の場合は、(問1)の1番の仕訳を先にしてみると良いですね。

 

「買入部品」という科目が指定科目にないので、「材料」を使えば良いですね。

貸方から考えると、

先ず、購入代価分2,000×150=300,000は「買掛金」です。

次に、購入代価の5%を内部副費として予定配賦しているとあるので、

300,000×5%=15,000が「内部材料副費」です。

最後に、引取費用15,000は当社負担で小切手を振り出して支払っているので、「当座預金」で良いですね。

その結果、借方の「材料」は330,000となります。

 

そうそう!

内部材料副費って何だろう?と思われないですか?

これは、材料が当社に届いてから、数量や中身が間違っていないかと検品したり、保管したりするために掛かる費用と捉えてください。

それが、過去の実績から購入した代価の5%程度だろうと見積もって、予定配賦しておくわけですね。

予定配賦だから、最終的には差異を求めて、何に負担させるかと決めるのですが、この問題にはそういう指示はないので、ここでは、内部材料副費は、そういうものだということだけ知っておきましょう。

 

 

これにより、4/3仕入分の単価が変わってくることに気を付けましょう。

図のように、購入時の単価は2,000でしたが、実際には@¥2,200になりますね。

 

先にこの仕訳をすると、材料(買入部品)勘定の借方を間違えないと思います。

同様に、4/8の単価も計算してみると良いですね。

 

払出は、先入先出法なので、借方を見ながら、順に出して行きます。

 

4/26の出庫分の倉庫への返品は、入って来たんだからということで、借方に書いても良いのですが、仕入分と間違えそうなので、貸方に△を付けるなりして、書いておいた方が良いかと思います。

 

その際、4/11は@¥2,200と@¥2,300の両方を出しているので、どちらの分が戻って来たと考えるの?という疑問が生じるかと思いますが、「先入先出法」なので、先に仕入れたものから消費すると考え、戻ってきた分は、後からの購入分である@¥2,300のものだったと判断します。

 

更には、このT勘定から月末在庫は10個と求められるはずですが、棚卸しをしたら、8個しかなかったということなので、棚卸減耗費の計上が必要になります。

 

借方は、棚卸減耗費がないので、「製造間接費」を使います。

ダイレクトに製造間接費を計上する方法ですね。

これは、結構、よくありますよね。

 

「原価に計上した」という言葉から、「売上原価」で処理しないように気を付けてください。

 

売上原価に算入するまでには、次の勘定の流れがあることになりますね。

最初に書いたように、工業簿記は、勘定の流れをしっかり把握しておくことが大切です。

 

棚卸減耗費 4,600 / 材   料 4,600

製造間接費 4,600 / 棚卸減耗費 4,600

仕 掛 品 ××× / 製造間接費 ×××

製   品 ××× / 仕 掛 品 ×××

売上原価  ××× / 製   品 ×××

 

という流れで、最終的には売上原価に算入されることになります。

 

正常な範囲内なので、売上原価に算入しますが、異常なものだったら、どの部分に計上するか分かりますか?

 

そもそも、異常な減耗とは、どんな場合か?

1つイメージすると、工場の管理が悪くて、セメント数十袋が雨に濡れて使い物にならなくなってしまったとします。

こういったものが異常な減耗ですね。

 

これが、セメントをこねるために、袋から移すときに、少しずつこぼれて、最終的に1袋分くらいが減ってしまった。

こういう時は、正常な減耗になる訳です。

 

 

話を戻して、じゃあ、異常な減耗は、どの部分に計上するか?

一般的には「営業外費用」に計上します。

異常度が極端に高ければ、「特別損失」に計上することになります。

 

理由は、「営業利益」に「営業外収益」を加算して、「営業外費用」を減算したものが何だったかというと、「経常利益」でした。

 

大抵の企業は、この「経常利益」で業績を判断されるので、とんでもない量の減耗が発生した際に、営業外費用で処理しておくのはあまりにもまずいということが分かりますね。 

 

 

貸方の計算の際の電卓の使い方ですが、「GT」で払出の合計を出した後、「M+」に入れて、戻ってきた分を「M-」に入れ、「MR」で呼び出すと良いですね。

そういう操作が、スムーズにできるよう、電卓も徐々に慣れて行ってください。

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(工業簿記)4-4(材料費2)

雑談

今日は、高校生の子が体育の時間中に足をねん挫したそうで、簿記の「個人塾」は、できませんでした。

ママから欠席の連絡は入っていたのですが、本人からも病院から「ごめんなさい」とLINEが来るあたり、なかなか感心です。

 

私も、昨夜は2時間52分しか眠れなくて、本来の仕事が終わったらグッタリだったので、ちょうど良かったです。

 

これだけ疲れていても、8つのみんチャレを何とかクリアした自分を褒めておこう!(笑)

ああ、「食事記録」と「あすけん」だけは、夕食が手抜きだったので、手抜きになったけど…。(;^_^A

お風呂出て、元気が出たら、真面目にやり直しておこう!

 

(0:05追記)

ちゃんと真面目に登録したら、いつも通り、たんぱく質だけ過剰で良い感じ!

炭水化物と食物繊維とビタミンB1がちょ~っぴり不足!

ビタミンB1の多いものはっと…。

豚ヒレ、豚もも、ボンレスハム、うなぎのかば焼き、まだい、ぶり!

あっちを立てればこっちが立たずで難しい!

ちょうど、ぶり買ってあるし、それにしよう! 

工業簿記4-4(材料費2)

さて、4-4の解き方です。

皆さんは、どんなふうに解かれますか?

 

私は高校生の子にこんな風に説明しています。

 

下図のように、T勘定を書いておいて、月初在庫、当月購入、払出(当月消費)を数式だけで入れておくのです。

 

 

本試験レベルだと、当月購入や払出の回数がもっと多くなりますが、基本は同じです。

平均法は、最後に借方合計を求めて平均単価をメモしておきます。

後は、当月消費高を計算すれば終わりですね。

 

ちなみに、平均法には、その都度平均法(移動平均法)と総平均法があるので、両者の違いも押さえておきましょう。

 

その都度の場合は、払出単価がその都度変わっていくのに対し、総平均法の場合は、1ヶ月分の総平均で払出単価が決まるというものです。

 

 

いずれにしろ、こういう数式でメモをしておくと、計算も早いし、見直しの際に、非常に楽になります。

 

 

これを教えたときの高校生の子たちの反応

女の子:めっちゃいい方法じゃん!簡単じゃ~ん!

男の子:○○先生も、こうやって教えとったよ。

 

女の子、授業中寝てたか?自分の世界に入っていたか?

先生の話、聞いていませんねぇ。(;^_^A

 

いつも、良い先生だから、しっかり先生の説明を聞くように伝えているんだけど。

本問での電卓の使い方

なお、ここで、また、電卓の使い方を1つご紹介しておきます。

 

例えば、先入先出法の場合、2つの計算が必要になりますが、1つ計算が終わる度に数字をメモしていますか?

あるいは、「M+」に入れていますか?

 

本試験レベルだと、もっと数が多くなりますので、そのどちらも感心しません。

こんなときは、「GT(グランドトータル)」キーを活用します。

 

1.先ず、計算を始める前に「AC(オールクリアー)」など、それまでの計算を消去するキーを押しておきます。

 

2.後は、

520×500=

560×900=

[GT]

 

で2つでも3つでも4つでも・・・「=」で終わってメモは不要です。

最後に[GT]を押すだけで、一気に合計が求められます。

 

平均法の借方も同様ですね。

是非、この使い方もマスターしておいてください。

実務でも、お役に立ちますよ。(^^)v

 

 

事情で、明日の朝早いので、明日の分を深夜に投稿しておきます。

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(工業簿記)3-2の解説と昨日の解答

昨日の問題と解答

1.直接材料費に該当するものを列挙してください。

2.直接経費に該当するものを列挙してください。

3.直接工の手待ち時間は直接費?間接費?原価の対象外?

4.直接工の段取り時間は直接費?間接費?原価の対象外?

5.今月の費用及び収益が問題に記載のあるものしか発生しなかったとしたら、

  月次損益勘定の差額は何を示しますか?

6.月次損益勘定の差額は、何勘定に転記しますか?

 

1~6に該当する部分は、Quizletに作っておきました。(^^)v

特に、1と2は、絶対に押さえておいてください。

たった4つだから、確実に覚えましょう!

 

ちなみに、「段取り時間」は良いとして、「手待ち時間」というのは何か?というと、次の作業に移りたいのに、まだ、必要な材料が届かない、前の工程の作業が終わっていない、などの場合、仕方なく待たないといけません。そういう時間です。

これは、工員の責任ではないので、原価に算入しますが、製造間接費となります。

 

7.次のアレンジ問題のカッコ内に適当な金額を入れてください。 

 

以下のようになりますね。

簡単な仕訳でも、自分が今どの段階をやっているか、全体像を把握しておくことは、とても重要になります。 

そうでないと、木を見て森を見ず!になり、資格を取得しても役に立ちません。

 

月初は、問題文からは判断できないので、仕掛品も製品も「0」だったとみなしています。

販売費及び一般管理費以降も同じく「0」とみなしています。

工業簿記3-2(材料費)

説明は何も要らないですね。

材料費の分類を思い出しておいてください。(「費」は省略します)

 

・主要材料(素材・原料)

・買入部品

・補助材料

・工場消耗品

・消耗工具器具備品

 

上の2つが直接材料費になりますね。

例として、専門学校では次のように例を出して説明していました。

絵が下手なので、学生が見かねて、黒板に絵を描いてくれました。(笑)

勤務先は、高卒生対象の2~4年制の専門学校でした。

 

自動車製造会社だとします。

・主要材料(ボディーの部分の鋼材)

・買入部品(タイヤ)

 

・補助材料(補修用の材料等/当時はなかった)

・工場消耗品(軍手や工場の電球など)

・消耗工具器具備品(スパナやドライバーなど)

 

当時は、主要材料ではなく素材で、補助材料ではなく燃料でした。

残りの3つは、昔から変わっていません。 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(工業簿記)2-2の解説

学習予定表と学習の進め方の見直し

おはようございます。(*^^*)

みんチャレの新グループは、以前のように朝練投稿されるようになって、調子が戻ってきた感じで、良かったです。

 

みんチャレは、あくまで3日坊主を防ぐために、自分の経過などを報告し合って、励まし合う場ですから…。(^^)v

 

画像は、以前のブログに掲載した学習予定表です。

この予定表どおりに、進んでおられる方はありますか?

高校生の子は、素直にこれに従って頑張っているようです。

 

ボリュームも少ないし、基本例題だけなので、そんなに難しく感じずに進んでいただけているのでは?と思います。

 

簡単だ~!」って自信を付けること、とても大切なんですよね。

そして、予定の学習量を終えたら、「ヤッタ~!」という達成感も得られて、「じゃあ、もう少し先に進んでみるか~?」って、自分に余裕が出て来ますよね?

(左の塗りつぶした分は、自分の勉強垢です)

 

以前、日商簿記1級の学習時代のことを書かせていただきましたが、正に、最短距離で合格できる秘訣なんです。

難問ばかり解こうとせずに、基本をしっかり身に着けておけば、合格点には到達できます。くれぐれも、その問題だけを解こうという意識をなくすことです。

 

 

工業簿記に入った問題集は、上の予定表の際にご案内したテキストと同じシリーズなので、テキストで例題を進めた少し後に、この練習問題をやるというのは、なかなか、良い感じで進んで行けるのでは?と思っています。

基本例題の解答用紙は、教材会社からダウンロードできないため、私がある程度、自作しました。もし、必要だという方がおられたら、お申し出くださいね。

 

 

 

 

工業簿記の勘定構造(問題2-2)

この問題は、簡単でしたか?

工業簿記は勘定口座の振替が頻繁に行われますが、基本中の基本の仕訳で、実は、非常に重要な仕訳なので、ノーミスで解けるようにしてください。

 

問題そのものは、至って簡単で、解答を見れば分るでしょうから、ここでは、この問題を発展させて、私が是非、押さえておいていただきたいと思う内容を書いてみます。

以下の問いに答えてください。

 

上の予定表によれば、材料費、労務費、経費まで進んでいるはずですから、余裕でしょうか?余裕でなければ、押さえておくべき基本が身に着いていませんよ。

 

解答は、明日のブログで書かせていただきますね。

 

1.直接材料費に該当するものを列挙してください。

2.直接経費に該当するものを列挙してください。

3.直接工の手待ち時間は直接費?間接費?原価の対象外?

4.直接工の段取り時間は直接費?間接費?原価の対象外?

5.今月の費用及び収益が問題に記載のあるものしか発生しなかったとしたら、

  月次損益勘定の差額は何を示しますか?

6.月次損益勘定の差額は、何勘定に転記しますか?

7.次のアレンジ問題のカッコ内に適当な金額を入れてください。 

 

 

ダウンロード
2-2アレンジ問題.pdf
PDFファイル 188.4 KB

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

日商簿記2級(工業簿記)1-1の解説

おはようございます。(*^^*)

ここは、必ず問題にチャレンジしてからご覧ください。

やってみると、ものの1~2分で終わるかと思います。

 

ちなみに、本問の解説のみを求める性急な方もおられるかと思いますが、1つの学習をする度に、全体を把握する(自分は今どの段階の処理をしているのか?)ことは、非常に重要です。

 

普段から、こういう習慣にしておかないと、部分的な問題が解けても、実力は伸びて行きません。

早く、本問の解説をしろ~!と思われる方もあるかも知れませんが、読むのも5分とかからないので、じっくり読んで、書いてあることを理解してください。

 

先ず、工業簿記の範囲である製造業と、商業簿記の範囲である商品売買業等との違いを理解しましょう。

製造業は、自社で製品を作るために、その原価がいくらになるかを計算する必要があります。(商品売買業は仕入れてきた商品を売るだけ)

 

そのために、P/L(損益計算書)を作成する前に、C/R(=コストレポート=製造原価報告書)を作成する必要があります。

 

このC/Rに記載される内容が、本問の「1」の答えになります。

製造原価報告書が完成したら、損益計算書を作成します。

損益計算書のフォームは、覚えましたか?

これは、しっかり覚えておいてください。

このⅢの「販売費及び一般管理費」の部に記載されるものが、本問の2の販売費と3の一般管理費になります。

 

こういう問題を、先ず、瞬間的に答えていくなら、「工場」と付いたら1番の製造原価です。他に、「製品の原料消費額」などのようなものも1番です。

 

次に、「営業所」と付いたら、2番の販売費です。

営業所というのは、商品や製品を販売するための事業所ですから…。

学生さんなどには分かりづらいかも知れませんが、「営業所」と付かなくても、「新製品発表会の費用」というのも、製品を販売するための費用なので2番です。

 

最後に、「本社」と付いたら、3番の一般管理費です。

 

まあ、ザクっとですが、こんな捉え方をしても概ね大丈夫ですので、こんな問題にも対処できるようにしておいてください。

 

一応、ザクっと解答してから、時間があれば、1つずつ内容を確認して、間違いがないかチェックしてください。

 

 

ちなみに、本問題集の解答用紙は、TAC出版よりダウンロードできます。

リンク先の大きく分けて、下から6つ目の741.2KBというサイズのものです。

圧縮されている(冷凍して小さく固っているイメージ)ので、ダブルクリックすると解凍(レンチンで溶かすイメージ)という作業が行われて、使えるようになりますよ。(*^^*)

「6160a.pdf」というファイルになったら、印刷して利用しましょう。

 

本日の予定は、たったこれだけなので、まだ、問題集が入手できない方でも焦る必要はありません。

ご自分の学習の続きを進めてください。

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント

Quizlet(6:リース料・無形固定資産・引当金)について

おはようございます。

クイズレットの単元別仕訳問題に(6)を追加しました。

 

ブログを途中からご覧くださった方で、Quizletって何?どうやって使うの?と思われた方は、以下のブログをご参照ください。

 

 

通勤や通学の電車内、お昼休みの空き時間など、スキマ時間を上手に使えば、まだまだ、時間は作り出せます。

 

頑張ってください。

 

 

さて、(6)の問題の10番を解く場合の電卓の使い方例です。

今後、工業簿記になったら、電卓を上手に使いこなせるかどうかは、時間短縮に大きく関わってきますので、おいおい説明していきます。

受験上だけではなく、社会人になってからも役に立ちます。

 

(10番の問題再掲)

期末における売掛金残高¥800,000、電子記録債権残高¥700,000、貸付金残高¥1,000,000に対し、貸倒引当金を設定した。
なお、売掛金と電子記録債権については、過去の貸倒実績率に基づき、1.5%を設定するが、貸付金に対しては、回収不能額を50%と見積もって、設定するものとする。なお、貸倒引当金の残高が¥12,000ある。

 

先ず、基本中の基本ですが、ざっと見て下3桁が000なら000は省略します。

800+700=で1,500と表示されますよね?

続いて、×1.5%で22.5と表示されます。

これを「M+」というキーを押して、メモリーに記憶させます。

(それまでにメモリーを使っていた場合は「MC」で消しておいてください)

続いて、そのまま、1,000×50%=で500と求めたら、

同様に「M+」を押して、メモリーに記憶させます。

引当金残高分は、12を押して「M-」でマイナスのメモリーに記憶させます。

最後に、「MR」を押して、これまでに記憶させた分を呼び出すと、510.5と表示されます。

解答は貸倒引当金繰入/貸倒引当金で、金額は510,500で良いですね。

 

次に、メモリーを使う場合のために、「MC」で記憶をクリアしておきましょう。

 

私は午後からの勤務なので、今から工業簿記の予定の1問目を解いてみます。

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっと2つクリックしてくださいね。

 

にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ

0 コメント