会計ソフトお役立ち情報(その2)

こんばんは。(^▽^)/

今日は、会計ソフトのお役立ち情報(その2)のご紹介です。

 

毎日、データ入力をするほどではない、というような場合に、領収書などの原始証憑を科目ごとに整理しておくと、まとめて入力することができ、便利です。

私も、ハンギングホルダーに科目別に整理しています。

 

画像のように、上の科目が初期値で表示されると、後は、摘要欄に移動すれば良いので、省力化できます。

 

 

上の画像は、家人の預金出納帳入力の画面です。

科目は上の行の科目が初期値で表示されるように設定してありますが、摘要欄の入力に関しては、次の手順で行うと簡単です。

 

1.8/2の摘要入力時に、上向き矢印キーで7/5の摘要欄に移動します。

 

2.7/5の摘要欄が青く反転されるので、そのまま、[Ctrl]キーを押しながら、[C」キーを押します。

([Ctrl]+[C]はコピーの命令です)

そうすると、7/5の摘要がクリップボードに保存されます。

 

3.次に下向き矢印キーで8/2の摘要欄に移動します。

 

4.[Ctrl]キーを押しながら、[V]キーを押します。

([Ctrl]+[V]は貼り付けの命令です)

そうすると、8/2の摘要欄に貼り付けられます。

 

 

後は、[Enter]キーで金額欄に移動し、金額を入力します。

 

9/6も日付を入力したら、科目は自動入力されるので、摘要欄で[Ctrl]+[V]で貼り付け、金額を入力して、次の行の日付欄に移動

10/7も9/6同様の手順で行います。

こうすると、あっという間に入力ができます。

 

クリップボードは、次のコピーか切り取りの命令を出すまでずうっと覚えてくれているので、データ量が多くない場合は、このようにまとめ入力が非常に効率的という例です。

 

家人の分は、この要領で、同じ内容の取引ばかりまとめて入力するので、1日で1年分が終ってしまうという次第です。(;^_^A

 

預金通帳の記入面を見ながら入力しますが、必ずしも日付順に入力する必要はなく、ソフトを終了したり、他の画面に移動したりすると、自動的に日付順に並び替えが行われるので、最後に、預金通帳の残高と帳簿残高が一致しているか確認すればOKという感じです。

 

伝票番号が日付順じゃないと気になるという方は、1年間の最後に伝票番号の再付番機能を使えば、大丈夫です。(^^)v

 

 

預金関連に関しては、「スマート取引取込」という機能(銀行のサイトから自動的にデータを取り込む機能)もあるのですが、その機能を使おうと思うと、毎年サポート料金が必要になるので、上のような要領でやります。

ソフトの買い替えは、税法が変更になったときだけで大丈夫なので、経費節減にもなります。(^^)v

 

 

これは、単純に見やすさだけの問題ですが、画面の文字が小さくて見づらいという場合は、画像の「サイズ切替」というボタンをクリックして、余分な内容が表示されないようにすると、便利です。

 

これは、現金出納帳、預金出納帳、仕訳日記帳など各帳簿で行いますが、一度設定しておけば、次から開く場合はサイズが切り替わった状態で開いて来ます。

 

 

毎年1回程度しか発生しない仕訳とか、仕訳が難しくて税務署などの指導を受けた場合などは、その仕訳を「仕訳辞書」や「伝票辞書」というものに登録しておくことができます。

 

その際、元々かなりの数の辞書が登録されていて、使いたいものを探すのが大変!

ということがあります。

そんな場合は、画像の方法で、一気に削除しておくと便利です。

正直、元々の登録分は小さな親切、大きなお世話って感じです。(;^_^A

私は、一気に削除して、自分の登録したいものだけ登録しています。

 

ちなみに、(1)の手順の次は、他のソフトと同じで、[Shift]を押しながら、最後のボックスをクリックすると、連続した行がすべて選択できるので、後は、一気に削除をするように書いてあります。

 

 

借方または貸方、あるいは、借方・貸方共に複数の科目になる場合は、原則として、振替伝票を使って入力すると便利です。

 

画像は、社会保険料が普通預金口座から引き落とされたという取引です。

練習問題として作っているので、もちろん、金額も架空で、銀行も架空です。

 

この取引の仕訳を行う場合、口座から引き落とされた金額はすぐに分かります。

従業員から預かった分も分かります。

差額が会社負担分ということになりますが、会社負担分の金額欄で、画像のように「+」キーを押します。

そうすると、貸方の84,480円から借方の41,685円を引いた差額42,795円が自動で入力されます。

後は、[Enter]キーを押せば、カンマも自動入力されて終わりです。

 

こんな風に、差額あるいは合計額を求めたい場合は、「+」キーを押すだけで自動入力されるので、電卓を取り出して計算する必要もありません。

 

 

 

当ブログで、日商簿記2級について書いていた頃に、電卓を左手で練習するのは実務では非常に無意味であることを書かせていただきましたが、ご存知のように、パソコンのテンキーは文字キーの右側にあります。

左手で電卓操作に慣れてしまった方は、右手でテンキーを打つ際に非常に不便さを感じられると思います。

 

ちなみに、実務で電卓を使うことはほとんどないとも書かせていただきましたが、例えば、会計ソフトの操作中に1,234円の商品を560個仕入れたなどという場合に、電卓で1,234×560=と計算を行って、その金額を会計ソフトに入力するかというと、そんな面倒なことはしなくても良いのです。(;^_^A

 

金額欄に移動したら、[Alt]キーを押しながら[↓(下向き矢印)]キーを押します。

そうすると、電卓が表示されるので1234*560[Enter]と押せば、計算後の金額がそのまま入力されるのです。

「*(アスタリスク)」はExcelを学習されたことがおありの方にはお分かりのように「×」と同じです。

 

 

簿記を学習中の皆さんも、左手で練習しようなどとは思わないでください。

そんな時間があったら、右手でキーを見ないで打てるように練習してください。

文字キーのホームポジションは「F」と「J」ですが、テンキーのホームポジションは「5」です。

「5」に中指を置いて、後は見ないで打てるように練習してください。

そのためにも、簿記学習中から電卓は大きめのものを使われるのがおススメです。

 

「F」と「J」に軽い突起があるように、「5」にもあることがお分かりいただけると思います。(^^)v

 

これは、何れもタッチタイピング(昔式に言えばブラインドタッチ)ができるために、そうなっているのです。

 

本日は、この辺で…。

 

明日からは、また、一旦、初級に戻りますね。(^^)v

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

会計ソフトお役立ち情報(その1)

こんばんは。(^^♪

今日は、少し気分を変えて会計ソフト(弥生)の機能や、初期設定をこのように変更しておくと便利ですよという内容をいくつかご紹介させてただきます。

 

同ソフトは、リンク先から、無料で体験版がダウンロードできるので、ダウンロードして試してみられても良いかも…。

 

まずは、サーチキーと呼ばれるものの変更です。

これをしておくか、しておかないかでは入力効率が大違いです。

 

 

続いて、不要科目の削除です。

これも、しておくか、しておかないかで入力効率が大きく異なります。

 

 

これも、同じですね。

例えば、一番下の「支払手数料」ですが、初期状態では「SHI」となっているため、普段、ローマ字入力で、「し」は「SI」と入力されている方が「SI」と入力しても、目的の科目が表示されません。

是非、ご自分の入力の癖に合わせて直しておきましょう。

 

 

これは、小さなことですが、知っておくと意外と便利!

会計ソフトは、カンマを省略しても自動でカンマが付くため、1,000,000などの数値を入力するとき、「えっと!0をいくつ入れたっけ?」となりがちですが、カンマ1つで「0」3つが入力されるということを知っておけば非常に便利です。

 

 

次は、環境設定です。

初期状態のままで使用すると、[Enter]を押すごとに、邪魔な選択リストが表示されます。

これを表示されないようにするのが、この作業になります。

これも、やっておくとおかないでは、入力効率が大きく異なります。

 

 

本日は、ここまでのご紹介にしておきますね。

明日、また、続きを書いてみたいと思います。

 

ちなみに、画像は「やよいの青色申告」のテキストから撮りましたが、「弥生会計」でも同じです。

 

「やよいの青色申告」は個人企業用ですので、将来、経理業務に就きたい(あるいは、現在、会社の経理業務を担当している)という方は、「弥生会計」をダウンロードして使ってみられると良いと思います。

「弥生会計」は、小規模から大規模の法人企業で使用できるようになっています。

 

 

ちなみに、将来、経理業務に就きたいという方は、簿記の資格よりも会計ソフトが使えるかどうかのほうが、はるかに重要です。

初級程度の基本知識は習得しておかれた方が絶対に良いですが、それ以上の知識は、あまり必要ではありません。

 

もし、難しい仕訳に遭遇したら、税務署か税理士さんなどに仕訳の仕方をお尋ねして、それを「仕訳辞書」や「伝票辞書」と言われるものに登録しておけば、以後、困ることはありません。

会計ソフトは、簡単ですので、是非、使いこなしてみられてくださいね。

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

簿記初級(その他の債権債務2の解答&解説)

 

こんばんは。(^^♪

インスタからお越しくださった方は、1つ下の投稿をご覧ください。

 

簿記初級を学習してくださっている方は、今日は、その他の債権債務(2)の解答及び解説を書かせていただきます。

 

先にお詫びがありますが、指定勘定科目を修正しておくのを忘れましたので、使う科目は、以下よりお願いいたします。

テキストは、修正しました。(;^_^A

(1)

商品の掛売り上げの仕訳は良いかと思います。

得意先負担の発送運賃を立て替えて支払った場合ですが、「立替金(資産)」で処理しても良いのですが、本問のように「売掛金(資産)」が発生する場合は、どちらで記載しておいても、後日、得意先から入金されることになり同じなので、「売掛金」で処理しておくこともできます。

科目指定の中に「売掛金」も「立替金」も両方ある場合は、どちらで仕訳をしても正解です。

 

別解は次のとおりとなります。

売掛金 200,000 / 売上 200,000

立替金   1,800 / 現金   1,800

 

(2)

社会保険料、源泉所得税、住民税などは、従業員の給料から差し引いて預かっておき、後日、従業員の代わりに納付をすることになるので、「預り金(負債)」で処理をします。

 

上級では、「社会保険料預り金」「源泉所得税預り金」「住民税預り金」などのように、勘定科目を分けて使用することが多いです。

 

会計ソフトでは、「補助科目」と言われるものを設定しておいて使用する場合が多いです。

預り金(社会保険料)などのような感じです。

これは、それぞれ、納付先や納付期限等が異なるため、別に管理しておいた方が分かりやすいからです。

 

(3)

預かっていた源泉所得税を納付したので、「預り金」という負債が減少します。

 

(4)

社会保険料は、一般的に企業と従業員が折半します。

会社負担分は「法定福利費」という費用の科目で処理を行い、従業員負担分は給料から差し引いて預かっているので「預り金」という科目で処理を行います。

 

折半(半額ずつの意味)といっても、実務では、微妙に金額に差があるので、その都度、金額を調べて入力するのは面倒ということで、従業員の給料から差し引いて預かったときに、「法定福利費」を貸方に入力(費用の取消)しておき、引き落としをされた際に、全額を「法定福利費」で計上することもあります。

「預り金」で処理した場合は、納付した際に「預り金」が減り、結果的に0になり、法定福利費40,000だけが残るし、法定福利費のマイナス処理をしておけば、納付の際に貸借相殺されて、差額分40,000が法定福利費として残るので、このような処理をされる企業もあります。

あくまで簡易処理になるので、本来は解答のように仕訳を行います。

 

(5)

 

従業員が帰社するまでいくらかかるか分からないので、仮に払ったということで「仮払金」で処理を行います。

 

(6)

従業員が帰社し、内容や金額が確定したので、その科目に振り替えます。

仮払いではなくなったので、「仮払金」を貸方に書いて取り消します。

 

(7)

内容が不明のため、仮に受け取ったということで「仮受金」で処理を行います。

 

弊社でも、会員登録のお名前と振込人名が異なり、どなたからの入金かが分からず、「仮受金」で処理せざるを得ないものが、かなり発生します。(;^_^A

同じ金額は、かなり発生するので、金額だけでは判断できないし…。

それらしきお教室様にお尋ねメールを何度もお送りしても、ご返事がいただけないのが悩みの種です。

「仮受金」は決算時には無くしておく必要があるので、何とかしたいのですが、経理を担当されない経営者様だと、こういう悩みがご理解いただけないのかも。

 

(8)

内容が判明したので、「仮受金」という負債を減少させ、該当の科目に振り替えます。

 

(9)

本問も従業員が帰社しないと内容が不明なので、「仮受金」で処理を行います。

正直、現状ならラインやメールで報告があるだろうと思われるのですが、まあ、学習上は出題されるということで、割り切ってください。(;^_^A

 

(10)

従業員が帰社し、内容が判明したので、「仮受金」を無くして、該当の科目に振り替えます。

 

 

これで、その他の債権債務は終了になります。

続いて、「固定資産と減価償却」になるのですが、会計ソフトのご紹介との関係もあり、明日は、会計ソフト(弥生会計ややよいの青色申告)で知っておかれると便利な方法などをご紹介させていただく予定です。

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

緊急事態宣言の地域の見方について

こんにちは。

緊急事態宣言の対象地域の7都府県に愛知が含まれていなかったので???と思われている方もあるようですので、こんなサイトをご紹介させていただきます。

画像をクリックしていただくとリンク先にジャンプするように設定しました。

 

7都府県と北海道と愛知も含めてみました。

その結果、分かることは、オレンジ(福岡)が最も急激に増加しており、比較的早い時期から感染者数が多かったにも関わらず、最近は横ばいに近い線を描いているのが、北海道と愛知です。

これにより、北海道や愛知は対象から外れているものと思われます。

 

これらを見ると、外出の自粛を早い時期に道民に訴えた北海道や、学校の再開を更に延ばした愛知など、如何に外出を自粛することが重要かが分かるように思います。

弊社も、早い時期に教室をお貸しするのをやめさせていただいて、本当に良かったと思っています。

目先の利益に走って、長い生涯、悔いを残すようなことだけは絶対にしたくないと思っているのです。

 

若者は罹らないという考え方も、違ってきていることが伝えられています。

海外では、持病もない若者が亡くなっています。

自分が罹らない(あるいは重症にならない)ことではなく、他人に迷惑が掛からないように、今しばらく、全員が心して行動するときではないでしょうか?

 

リンク先で、いったん、「全国」をクリックして、全てのチェックを外し、その後、ご自分がご覧になりたい都道府県をクリックされると、分かりやすいと思います。

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント

簿記初級(その他の債権債務2問題)

 

こんばんは。

遂に7都府県に緊急事態宣言が出されることになりましたね。

愛知県は外れていましたが、県立の学校が4/19まで休校延期になったようです。

「早く、収まってくれ~!」って感じですね。

 

 

さて、今日は、その他の債権債務の(2)の問題を作ってみました。

よろしかったら、お試しください。

 

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


資格(簿記)ランキング

0 コメント