簿記初級(サンプル問題の解答&解説)

こんばんは。(^▽^)/

土日はダウンしていまして、ブログをお休みしました。

2日間ずうっと眠っていまして、何とか復活です。

 

簿記初級も、いよいよ最後になるかと思いますが、サンプル問題の第3問を解いてみたいと思います。

 

まず、借方残高合計及び貸方残高合計は4,450,000になりますね。

 

次に、各金額ですが、次のようになります。

(1)1月中に売掛金を回収した額:710,000

「売掛金」の貸方合計になります。

売掛金を回収すると、次のように貸方に売掛金が来るからですね。

(借方)(   ) (貸方)売掛金

貸方に売掛金が来る取引は、他に、掛で売り上げた商品の値引き返品があります。

(借方)売  上  (貸方)売掛金

 

この問題の場合は、「売上」の借方合計がないので、値引き返品は考慮しなくても大丈夫ということになります。

 

(2)1月末時点での備品の帳簿価額:320,000

「備品」500,000から「減価償却累計額」180,000を控除した金額になります。

 

(3)1月末時点での負債の総額:770,000

「買掛金」と「借入金」が負債に該当しますので、各残高の合計額になります。

「減価償却累計額」は、貸方残になっても、負債ではなく、資産の評価勘定(マイナス勘定)になるので、注意が必要です。

 

(4)1月中に発生した費用の総額:872,000

「仕入」から「支払利息」までが費用に該当しますので、その合計額になります。

 

(5)1月中に発生した収益の総額:950,000

「売上」と「受取手数料」が収益に該当しますので、その合計額になります。

 

以上となります。

簿記初級は如何でしょうか?

70点以上で合格ですが、70点以上取れれば良いという考えではなく、受験される方は、満点合格を目指してくださいね。(^_-)-☆

 

明日からは、問題を見ながらポイント整理をしてみたいと思います。

キリが良いので、5月から原価計算に入りますね。

 

 

自分の勉強が全く進んでない。(;^_^A

 

 

ランキングに参加しています。

励みになるので、よろしかったら、ポチっとクリックしてくださいね。

 


パソコン教室ランキング

 


資格(簿記)ランキング